slide10

お知らせ

  • その他のお知らせ

    QRコード

こんなことあんなこと

2019年10月8日
"ゆきえさんとアートであそぼう"

 臨床美術士であり、幼児教室園長の進藤幸枝先生とアートで楽しい時を過ごしました。「アートの表現方法は、「点」「線」「面」「色彩」そして一番大事なことが「感じる事」です。子どもたちはただ楽しく遊んでいるだけですが、実はとても意味のある事なんですよ。」とゆきえ先生。
 今回はゆきえ先生が最初に「みんなも真似してね」とお部屋いっぱいに敷いた紙の上に絵の具をつけたボールを転がしてみせただけです。そのうち「こうしたらどうだろう…」、偶然から「こんなのできちゃった!」と自らの発想であそびがみるみる広がっていきます。
 大人はつい「危ないからダメ」「汚しちゃあダメ」と言ってしまいますが、やっていいこととダメなことは子どもたち自身が判断します。片付けも自分たちでやります。

ボールや水風船であそぼう最初の頃

ボールは転がるね。弾むね。今からそのボールに色をつけてこの紙の上で転がしてみるよ。絵の具は赤、青、黄色。とこれからやることを説明します。子どもたちは真剣に先生のお話を聞いています。

じゃあ黄色の絵の具をつけて転がしてみるね。コロコロコロ…次は青コロコロコロ…2本の線が交差しました。「あそこ緑だ!」よく気がついたね。不思議ここだけ緑色になったよ。「黄色と青混ぜると緑色になるんだよ。」と教えてくれた子がいました。

好きなボールに好きな色を付け自由に転がし始めました。そんな中、ボールに色をつけるのに夢中になる子も。

ボールを弾ませる…点々だ。ボールを転がす…転がした跡が綺麗な線になって面白いね!

先生も子どもたちもキャッキャと笑顔。

中に入って手でペタペタも始まりました。

遠くに投げたらあっ先生に当たっちゃった。


 ゆきえさんとアートであそぼうは毎回ワクワクドキドキから始まり、子どもたちの夢中になって楽しむ様子がいつも印象的です。作品として残せるものはありませんでしたが、色がついた紙は、乾かして貼り絵の材料に使うそうです。(取材:草間)


次は机の坂で転がしたりちょっと大きいボールでやってみよう!
大きいボールは太い線だ!

大きいボールを転がすよ。ちょっとドキドキ。

ボールが大きいから絵の具をたっぷりつけないとね。

宝石みたいにきれい!

水風船でやってみたいな。先生結んでください。

面白いな〜

転がった後の色がきれいです。

転がさないでこすっちゃおう!

ポンポンポン。面白い!


ボールを的に当てたらきれいな王冠ができました。
滑り台したり、机に色を塗りたくったり、やってはダメなことは一つもありません。やってみたいことを好きにやってごらんとゆきえ先生。

滑り台だー

紙がはがれちゃったけど関係ないよ。ツルツルして面白い!

机がきれいな色になったよ。滑っちゃおう!

壁に貼った紙にボールを当ててみよう。でも壁以外は…。あっ的が小さかった…。大人の思い通りにはなりません(笑)

いつもの机が黄色くなった。ヌリヌリ気持ちいい。

素敵な机になりました。

顔についたって気にしていない。

絵の具バケツごとかけちゃおう!

ペタペタペタ

絵の具に少し石鹸水を混ぜてシャボン玉作り。吹くのが難しいけど上手にできた!

シャボン玉が飛んで机にくっついたよ。

ゆきえ先生に可愛い手形

そろそろお片づけしよう。雑巾で絵の具を拭きました。

何回も何回も拭かないときれいになりません。

何回も雑巾を洗いに行ってみんなできれいにしました。

幼児教室美術館7月

くま組
キリン組

あじさい

綺麗なあじさいがたくさん咲きました。

かたつむり
雨がだ〜いすき でんでん虫さんたちが集まってきました

今月の予定

このページのトップへ